20210923小浜港豆アジ761匹二馬力

20210923小浜港豆アジ761匹二馬力

20日に小浜港で370匹釣れて奥さんが気を良くしてまた行きたいというので、間を開けずに本日再来です。天気も良かったんで僕的にはバイクで出かけたかったけど、ま、釣りも面白いんでよしということで3時に出発です。

小浜港豆アジ釣り

前回の反省を踏まえて、老人マークをクリッパーくんに装着。山道はどうしてもパワー不足になるんで、マーク見て遠慮なく抜いてってくれればいいんですけどね。夜中の走行でみな飛ばしてますけど、私でも遅いなと思う車が2台ありました。最低限のペースってありますからね、その辺わかって道開けてくれる人もいたけど、1台はずっとノロノロだったから、クリッパーくんアクセル全開で1台だけ抜かせてもらいました。

他の漁港はどこも早朝から混みますが、小浜港は、というより豆アジはそんなに人気がないのか、早朝から来るひとは少ないです。現地着が5時過ぎ、明るくなってから仕掛けを準備してスタートです。

小浜港豆アジ釣り

見ていただいたらわかるとおり、足元には大量の魚影が。豆アジだけじゃないけど、サビキを投入すると、どこからともなくワーっと湧いてきます。底の方までびっしり魚の筒ができたみたいになります。

今日の目標は500匹。

前回、チューブのアミエビのエサでは寂しかったので、今回は2キロのアミエビを買ってきましたが、それでも心許ないので途中の釣具屋さんでもお2キロ買い足してきました。これでエサは安心です。

前回同様、イシグロの王道アジって粉末のエサも購入、アミエビに混ぜて使いました。これ、けっこう効くかもしれないです。

仕掛けは前回同様、5セット380円の激安セット。でも、仕掛け関係ないです。ガンガン釣れます。いい仕掛けだと連で釣れるのかもしれないですけど、たまに2連、3連程度でした。奥さんも同じ仕掛けだったけど、釣り方によっては4連5連も釣ってました。

あと、カゴを上につけるか、下につけるかでも変わってきます。途中、何度か上下付け替えて、私は最終的には下カゴにして、上からゆっくりおろして道糸いっぱいまで海面につけて止めると、ほぼ数秒でかかります。

途中、ファミリーやお連れさんなど、何人も釣りに来られてたけど、それほど釣れてる感じではなかったです。仕掛けなのかエサなのか、詳しく見てなかったんでよくわかりませんが。

途中、昼飯は定番のこだま食堂。この前わらじカツ食ったばかりなんで、今日は二食(ふくい)丼のそばセット。

小浜港豆アジ釣り

わらじは一枚で、上に卵とじが乗ってるんで二食だそうです。が、これが食べにくい。わらじのはみ出た部分を切り落とすためにハサミが付いてました。でも、ソースカツに卵とじのせても味がぼやけてよくない。これは、次はないかな。

さて、昼飯はさんで、エサがなくなるまで釣ります。2キロのアミエビは二人で大体3時間くらいかな。4キロのアミエビがなくなったのが13時前くらいだったと思う。

もお、海につけてたランドリーバッグは底まで満タン。いったい何匹いるのか想像もつきません。今日は500匹目標にきたんで発泡スチロールのケースを準備してきたんだけど、これがほぼ満杯になるくらいいました(冒頭の写真)。

発泡スチロールに海水を入れて、氷をたっぷり入れて持ち帰りました。家用は200匹ほど残して、あとはご近所さんに配達です。

早速、唐揚げにして、犬と一緒にいただきました。塩コショーだけでも美味しいけど、カレー粉まぶすとより美味しくいただけます。

小浜港豆アジ釣り

イソメ投げといたんですけど、ほとんど反応なし、その他の魚はこんな感じでした。

小浜港豆アジ釣り

遠いけど行く価値ありな小浜港の豆アジ釣りでした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です