20210920小浜港豆アジ370匹二馬力

20210920小浜港豆アジ370匹二馬力

さてさて、宇久漁港を10時過ぎに出発して向かうは小浜港の近くのこだま食堂。

福井はヨーロッパ軒のソースカツ丼が有名ですが、私はこちらのわらじカツの方が好きです。

小浜港こだま食堂わらじカツ丼

もお丼からはみ出たカツが強烈です。これにあったかいそばをセットするのが私の定番。これ食べると、夜まで何もいらなくなります。

いつも行列なんで、少し早めに着いて順番を取ってから、目の前の小浜港を眺めに行きました。

すると、ですよ、今までも何度か釣りしてるのは見てたけど、ファミリーで釣りに来ていた子供が、サビキを海にチャポンとするなり、豆アジを釣ってるじゃないですか。

えー!

さっきまで宇久漁港で何の反応もなかったのに、ここはガンガンきてますやん!奥さんと二人で目がテンになりましたよ。

豆アジってそんなに簡単に釣れるんだ、ってところ見せてもらったら、こりゃここで釣り再開するしかないでしょ!ってことで、早速、車を港に移動して準備してスタートしたところ、くるわくるわ、豆アジの大群がいるようです。

初めてサビキで釣った豆アジにしばし感動してしまいました。こりゃ、アユよりずっと釣れる。わたしゃ、こういう釣りが好きなんだなー。

15分ほど釣って、とりあえずは昼飯です。

こだま食堂は、味噌汁、チゲスープ、カレーが食べ放題。ご飯もおかわり自由だから、わらじカツ丼頼んで、1枚で一食、追加のご飯で一食、って強者も結構いますが、わたしゃ、とてもそんなに食えません。2枚のわらじ食っただけでほぼダウンです。でも、またこれがうまいんだなー。

セットのそばは茹で麺ですが、奥さんがいつも頼む越前そばセットはしっかりした別の麺が出てきます。いつも少しだけお裾分け。

さて、早々に昼飯済ませて豆アジ釣り再開です。

もお、くるわくるわで爆釣。

サビキにエサを入れる ⇨ 仕掛けを投入 ⇨ 3秒で釣れます

コアユ用のランドリーバッグを海につけといて、どんどん投入したのが冒頭のしゃしん。あっという間に黒山の豆アジだかりです。

こんなに釣れるんだとびっくりしました。これまでは一体なんだったのか。ま、魚のいないところでいくら釣っても釣れないから、ここにはたっぷりと豆アジがいるってことなんでしょう。

いやー、感激しました。

持ってきたエサはイシグロの豆アジ爆釣セット。チューブのアミエビに王道アジって粉末のエサを混ぜて釣りました(写真取り忘れ)。

仕掛けは5セットで380円という激安セット。高い仕掛けならもっと釣れるのかもしれないけど、安物でも全然釣れます。

最初は、リール竿で釣ってたんですが、手返しが悪いので途中から延竿に変更。2.7Mの短い延竿に普通の仕掛けでは長いので、ハリを7本から5本に減らして釣りました。

13時くらいで持ってきたエサがなくなりそうになってたんだけど、隣のファミリーが「帰るからエサどうぞ」ってことでアミエビいただきまして、これがなくなったのが14時半くらい。

結果、家に帰って数えてみると、なんと370匹!二人とはいえ、3時間弱でこれほど釣れるとは感激でした。

料理もいろいろできるでしょうけど、まずは唐揚げで。

小浜港豆アジ釣り

揚げた豆アジに塩コショウやカレー粉iまぶして食べます。昼にわらじカツ食べて腹減ってなかったけど、それでも30匹くらいはペロッと食べれます。

あとは、ご近所に50匹ずつ3軒に分けて配達しときました。

奥さんが気を良くして、また行きたいそうで、近々に再訪です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です