20220321大同川モロコ40匹コアユ13匹

20220321大同川モロコ40匹コアユ13匹

前回、コアユの下見にきて脈釣りの感触を得たので、今回はコアユメインに釣りにきました。ついでにモロコの仕掛も流しといて、二刀流でスタートです。

さて、今日は三連休の暖かい晴天の休日ということで、スポットは取り合いになることを想定して、5時前に現地着。それでも、モロコのメインスポットはすでに先客あり。私は今日はコアユメインなんで気にせず近くのポイントに着座。その後もどんどん釣り客がきます。コアユ7割、モロコ3割くらいの客層だったと思います。

大同川モロココアユ釣り

早々に仕掛を準備して、夜が明けるのを待ちます。試しに暗いうちから釣ってみましたが、やっぱり暗いうちは釣れないですね。

徐々に明るくなってきたのが5時半ごろだったかな。まだヘッドライト点灯中の薄明かりの中で、まず最初に反応したのはモロコの仕掛。と言っても、ワカサギ用の仕掛に赤虫をつけただけ(そのまんまワカサギ仕掛です)、コアユメインだったからほったらかしにしといた仕掛がピクピクと動きます。いきなりモロコかと思ったら、なんとアブラハヤ2匹。なんとも気持ち悪い。犬上川でも釣ったことあるけど、ヌメヌメした感触だし、いかにも食べても美味しくなさそう、そのままお帰りいただきました。

大同川アブラハヤ釣り

続いて、コアユの仕掛で脈釣りします。小刻みにプルプルッとアタリがあるとコアユゲットです。時々大きなアタリがあると大きめのコアユも釣れますが、やっぱり芹川などの他の河川に比べると明らかに小さなコアユです。

うちの奥さんが小さなコアユの炊いたのが美味しいっていうんで、今回こそしっかり炊けるほど釣って帰るつもりで頑張ります。

周りも着々と釣り上げていました。他の方に比べると私のペースはイマイチ。仕掛が悪いのか、エサが悪いのか。仕掛はコアユ用フラッシャー、エサは前回同様、シラスとパン粉の配合と、市販餌です。どちらも前回使ってたものですし、強烈な匂いがしてたので、新鮮さが足りなかったのかもしれません。

ポツポツとは釣れますが、8時過ぎたあたりでパタっとアタリがなくなりました。前日に350匹釣ったというおっさんも、9時前にはパッタリアタリがなくなったようでした。常連さんもヒキがなくなると話に夢中になり、あっちの川はどうとか、こっちの川はこうとか、釣り談義に花が咲いてました。

私は8時過ぎからコアユのアタリがなくなったので、悔しいからモロコ仕掛のエサを新鮮な赤虫に付け替えてモロコにシフトしました。それまで適当に投げてただけでしたが、何度か投げてるうちにポイント発見。そこからは順調にモロコがヒットします。

なーんだ、最初っからモロコ釣ってればよかった、と思いました。時には、5本バリに3連もありました。

大同川モロコ釣りちょっと分かりにくいですが。

足元で釣れるといいんですけど、ポイントは対岸近くで、安物のワカサギリール仕掛なんで、なかなかうまくポイントに投げ込めません。危うくモロコマニアのおっちゃんの仕掛に引っかかりそうになる時もありました。

それも、9時半くらいになるとアタリが急に無くなりました。モロコマニアのおじさん連中も釣れなくなったようです。今日は、コアユのつもりが結局ほとんどモロコ釣りになってしまいました。ま、コアユは芹川や犬上川の本格スタートを待ちましょう。

後の予定もあったので、今日は10時で切り上げることにしました。

釣果は、コアユが13匹、8時過ぎから2時間ほどでモロコが40匹、とまあこんなもんかというところでした。次はモロコメインで攻めてみたいと思います。

大同川モロコ釣り大同川コアユ釣り



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です