20210920宇久漁港雑魚釣り

20210920宇久漁港雑魚釣り

コアユのシーズンが終わって、ロスに浸ってました。時々、芹川や犬上川、宇曽川をみると、まだまだ飛び跳ねてるコアユがいるのを見ますが、禁漁期間に入ってしまって、ただ川を見つめるばかり。

何もする気が起こらず、ボーッとばかりもしていられない。かといって海は遠い。近くで釣れる魚はないかと思い、モロコスポットで赤虫を投げると、ウグイばかりが釣れる。何やら美味しそうでもないし、釣るだけの楽しみでまた行ってみたいと思うが、さて、美味しくいただける魚を求めて、気合一発、海まで行くことにしました。

敦賀から小浜あたりをあれこれ調べてみると、秋はシーズンでどこも混んでそう。あちこちの漁港はどこも釣りができるようで、できれば大好きな昼飯を食べられる小浜の近くで、ということで、宇久漁港で豆アジのサビキ釣りをすることにしました。

知らなかったけど、秋はアオリイカの季節だそうで、せっかく行くならイカやタコも狙ってみたいと思って、イシグロでイカ・タコの仕掛けもゲット、ついでにサビキが釣れなかったことも想定して、万能エサのアオイソメも準備、いろいろ買い漁って宇久漁港に出かけてみました。

混む釣りは好きではないけど、できればいいポジションを確保したいと思って、自宅を奥さんと2時に出発。琵琶湖大橋を渡って、367号線を抜けて303号線へ。以前よりはよくなったとはいえ、まだまだ細い山道もあります。夜中ですから結構なスピードでみな走ってるんですが、新しいとはいえ私は軽のクリッパー。上り坂は他の車の迷惑になるくらいとろいです。ていうか、みな飛ばし過ぎなんですよね。いくら夜中とはいえ、山道でカーブも多いですし、見通しの悪いところもあるから、あれじゃ危ないんじゃないの、って車も多かったと思いますよ。

途中の釣具屋さんは、夜中にもかかわらず大盛況。この道走ってる人はほとんどが釣り客なんじゃないかと思えます。だからポジション争いするからみな急いでるんでしょうね。

私は基本的に安全運転(バイクに乗ると人が変わりますが)ですから、よく煽られます。でも、クリッパーくんは限界が早いんですよね。遠慮なく抜いてってくれたらいいんだけど、煽ってくれても速く走れないんですって。

だから、まだ年齢ではないんだけど、老人マーク付けようかなと真剣考えてます。

宇久漁港雑魚釣り

ちなみに、うちの三男はまだ20代だけどじいちゃんがつけてた老人マークを形見のようにつけてます。うちの三男は業務用にハイエース乗ってるんだけど、やっぱ普通の乗用車に煽られるそうだ。だから、これつけてると安心らしい。真似させてもらおっと。

さて、宇久漁港手前までは山道とはいえけっこう整備されてる道だけど、直前の少しだけすれ違いもしにくい狭い道を通るので要注意。

現地に着いたのが4時半前くらいだったかな。すでにけっこうな人出です。とても緊急事態が出ている時期とは思えません。逆に他に行くとこが限られるから、安全な釣りに来てるってことも言えるかな。

こちらは清掃協力金が500円必要です。釣ってると、途中に集金に来られます。駐車は港の中まであちこち停めれます。できれば近いとこ停めたいですもんね。

まだ、堤防の先っぽには空きがありそうだったんで、あれこれ荷物を奥さんと分担してえっさほいさっと運んで場所確保。暗いうちから仕掛けの準備してスタートです。

が、これまでも何度かサビキ釣りチャレンジしたことあったけど、いい思いをしたことがありません。今日も同様にサビキにはなんの反応もありません。豆アジって簡単に釣れるんじゃないの、と思ってたけど、やっぱりムレがないところでは当たり前のように釣れません。

隣にはファミリーで釣ってる人たちが。まだ小学生くらいの子供が、次から次へと釣るんです。話を横で聞いてると、どうやらアサリやエビをつけて釣ってるみたい。それで、カワハギやら何やらいろいろ釣り上げるもんですから、エサなら釣れるのかもしれないと、準備してきたアオイソメの登場。仕掛けがないので、適当にモロコ用のハリを工夫して、イソメをつけて投げてみると、ツンツンと当たりがあるじゃないですか。

あげてみると、しっかりカワハギゲット。その後も、イソメにはけっこう食いついてくるんで嬉しかったけど、何やらわけのわからない魚もいっぱい。気持ち悪い感じのはそのままリリースして、持ち帰ったのが冒頭の写真。

うちの家族のLINEに送ってみると、次男から「アイゴはトゲに毒あるで」って。

宇久漁港雑魚釣り

何も知らんもんですから、触ったかもしれない。

さらに、カワハギにトゲがあるとは知らず、うっかりトゲに右手を刺されてしまった。その後、移動中に何やら体が痺れるような感じがあったんだけど、何も知らずにどうやらアイゴを触ったのかもしれない。体が硬直しかけて動悸がしたような気がする。迂闊に知らない魚に触るもんじゃないと思った次第です。フィッシュグリップ持ってんだから、必ず使うようにしようと思う。

小浜で昼飯の予定だし、準備したサビキのエサもなくなったんで10時に終了。リリースしたのもあったけど、何とも寂しい釣果でした。

周りで釣ってる人もデカイのとか大きいの狙ってるんだと思うけど、そんなに釣れた感はなかったなー。なかなか海釣りは思うようには釣れないなー。

でも、この後変化がありました。。。



1 thought on “20210920宇久漁港雑魚釣り”

  • アイゴはヒレに毒があります。でも、白身で結構おいしいですよ。

川端久則 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です