20210423芹川コアユ釣り78匹

20210423芹川コアユ釣り78匹

芹川にすっかりハマってしまってます。

エサについては、ネット上でいろいろな配合の話が書かれてますが、私がみている限りでは、基本は釜揚げシラスとパン粉の配合の方が多いようです。

私のように市販のエサで釣っている方もいるかと思いますが、長年、芹川に通っている常連さんはほぼシラスです。

で、隣のおっちゃんがシラスで釣ってガンガンあげてたりすると、やっぱシラスかなー、と思いますが、じゃ、シラスじゃなかったら釣れないかというとそういうわけでもありません。

芹川コアユ釣り4連チャン

ちゃんと4連とかも釣れます。

ちなみに写真の竿は近くのイシグロで買った5.4Mですが、とにかく重いし風にあおられるし、で、常連さんはもっと長い竿を楽々振って遠くまで飛ばしてガンガン釣ってますし、流れの広いところではやっぱり7.2Mかそれ以上の竿がいいかもしれません。

ちょっと高いけど、私も買おうかな〜。

芹川コアユ釣り3連チャン

届かないところは今のところ子供のおもちゃのようなリール竿で釣ってます。

これでも3連4連は釣れてます。

リールの悪いところは取り込みに時間がかかることと、どうしても引き上げてくる途中でエサを消費することです。

延べ竿だと、すっと引き上げるだけですから、エサを消費することはありませんが、リールだと投げたところから手元までずっと水中を引きずってくるので、どうしてもエサがなくなっていきます。これと、水中を長く引きずってくるのでコアユが外れる可能性が高くなります。この二つがリールのデメリットかな〜。

芹川は圧倒的に延べ竿の方が多いです。リールの方もたまにいますが、大体のイメージですがリールの方はあまり釣れてない感じがします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です